専業主婦がお金に困るときはこんな時

現在2歳の子供がいて、働ける状況ではないので専業主婦の家内と暮らしています。

結婚した当初は二人ともフルタイムで働いていたので、その時に車を買ったりしてローンを組みました。ちなみに旦那はバイクを購入したのでバイクローンも組んでいます。

その後子供ができたため家内が仕事をやめ専業主婦になり、私1人の給料でやっていかなければいけなくなりました。

元々の2人分の給料があったときには全く気にしていなかったのですが、1馬力になった今ではこのローンというものが大きくのしかかってきました。

フルタイム時代に買った車のローンに加えて、2人とも奨学金を借りて大学に行ったため、その返済があります。さらに、住宅を購入したため住宅のローンも支払っています。

そのときには大きな額を支払わなくてもよくなるため、ローンというものは非常に便利ですが、長年にわたり支払わなくてはいけない約束ができることになるため、お金に困ってしまうこともあります。

また、小さい子供がいるときには、さらに専業主婦はお金に困ることになるでしょう。子供が小さいから長い時間は働きにはいけない。

しかし、子供を育てていくには多くのお金がいる。気をかけて食事を作らないといけないので食費も2人のときよりかけなければいけなくなりますし、病気になってはいけないので、夏と冬の冷暖房費もかかります。

また、衣服も成長に合わせて買いなおさなければいけないので、服飾代もかかります。にっちもさっちもいかなくなりいざ働きにでようとしても、子供を保育園に預けなければいけなくなるので保育代もかかります。

このように、働いてお金を稼ぎたくても稼げれない、なおかつ支出は多くなる、子供が小さい時期が、一番専業主婦がお金に困る時ではないでしょうか。我が家でも、貯金を切り崩しながらなんとかやりくりしているといった状態です。

こんな状況になった今だからこそ思うことがあります。それは、働けるときに少し無理してでも働き、貯蓄をしておくことが重要だということです。

特に子供を作る予定のないうちに可能なら2人ともフルタイムで働き、余裕をもって貯蓄をしておくと良いでしょう。子供ができ、子供が小さいときには働きにいけないため、月々の収入が減ることは目に見えています。

一般家庭であれば、貯蓄を切り崩すことになるでしょう。そこまで先を見越して、貯蓄を行っていれば、いざ子育て中でもお金に困ることは少なくなるかもしれません。事前の準備が大切であると、今になって切に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です